SAKURAnoTUBOMIの日記

鬱病を経て、息子との不登校生活も経て、日々感じ、学び、感謝。 

ポカポカのスケッチ日和

今日はポカポカ、気持ち良い一日でした。

最近は晴れても風が強かったりして、のんびり庭を眺めることも難しかったのですが、ようやく気持ち良く春を感じることができました(*^-^*)

 

会社の森のカタクリも出てきていたし、我が家のカタクリはどうかな?と庭の落ち葉を丁寧に退かしてみると…。

f:id:SAKURAnoTUBOMI:20210318195902j:image

2つ出ていました。

元々は1つしかなかった所にいつの間にか2つ出るようになりました(*゚∀゚人゚∀゚*)♪

あれ?昨年も出てたかな??

両方とも大きな蕾を持っています(*´∀`*)サイコー!

開花が楽しみです💕

 

今日は貧血気味だったので(病気とかではないのですがw)、あまりたくさんは動けないし、こんな時は久しぶりにスケッチしよう!と思いました。

クリスマスローズは花が開き切ってしまったのですが、久しぶりなので練習がてら描くことにしました。

スケッチブックは小さいので十分。

紙が水彩用の凹凸が大きいものなので、鉛筆の精密画には向かないのですが、その粗さも良しとして、今回は粗めにサッサッと描くことにしました。

項垂れた花を描くときは横や下からのアングルで描きたいので、地面に這いつくばって描きます。

きっとその姿は端から見たら不思議なものでしょうね。

ご近所さん、決してお腹が痛くてうずくまっているわけじゃないですよw

 

さて、描き始めたものの、しばらく描いていなかったので線の感覚が微妙に狂い、悩みながらのスケッチとなりました。

思い通りに描けない、その悔しい気持ちを噛み締めながら描いていたところに、1匹のアリがやって来ました。

小さなミミズか何か、細い干からびたモノを咥えて落ち葉の上を一生懸命に運んでいきます。

すると、私のスケッチブックに上ってきて、私の絵の上をウロウロするのですw

しばらくウロウロしてからようやく帰る方向を見つけたのかスケッチブックを下りて行きました(^-^)

アリが来たのでスケッチ中断…いえ、アリの通り道を邪魔していたのは私ですねw

やっぱり、スケッチをしていると小さな生き物との良い出会いがあるものです。

さっきのアリを描いちゃおうと思い、去っていくアリの姿と記憶を頼りに実際と同じ大きさを意識して描き込みました。

f:id:SAKURAnoTUBOMI:20210318211011j:image

ついでに置いていた鉛筆も描いたりして~w

普通に花のスケッチをしているより、ちょっとルールから外れて落描きをしている時の方が楽しかったりしますw

この鉛筆とアリをもっと細かく描き込んで、リアルさを上げれば、トリックアート的な感じで良いかもしれません( *´艸`)

普通にリアルに描いててもつまらなくなったというのは、少し成長したのかもしれませんね(*´∀`)

 

あのアリさんのお陰でワクワクしながら描けました。

その後、別の2匹がやってきて、描いてる私の手の下に入り込み、ひと休みしたりするから笑ってしまいましたw

働き者のアリさんも、時には休みたいよね(*´ω`*)